ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
現在順位(2006.03.06) 
2006.03.08.Wed / 00:24 
順位表 03月05日現在
順位チーム勝敗ゲーム差
1位大阪23勝5敗
2位新潟21勝7敗2.0
3位東京13勝15敗8.0
4位仙台13勝15敗0.0
5位大分11勝17敗2.0
6位埼玉3勝25敗8.0
と、なってる。

試合の感想は↓

今節は、先週に続いての首位決戦!
そして、プレーオフの切符を東京・仙台・大分が熾烈な争いを演じる好カードばかり!
ネット観戦では、3/5の大分vs東京戦と新潟vs大阪戦をおにょさんのチャットにお邪魔して一緒にワイワイ楽しませてもらったw

っちゅう訳で、いつも通り、各試合の感想などを。


新潟vs大阪戦
3/4(土)
新潟アルビレックス 76-82 大阪エヴェッサ

結果だけチェックして、あまりの嬉しさに、携帯から記事をアップした試合w
開幕からホーム無敗を続けていた新潟に、大阪が土をつけた!
新潟のホーム連勝は12でストップ!

しかし、この試合、大阪が新潟を上回ったのは3Qのみ。
それ以外のQは、僅差ではあるが新潟が勝っている。
公式サイトの試合詳細で書かれてあった、

大阪がタイムアウト。大阪はディフェンスが一変

と、言うのがどういう変化だったのかわからんけど、最近の感じから言うと、ゾーンに変えたのかな?
とにかく、3Q残り8分21秒のそのタイムアウト以降、新潟の得点は#15寺下太基のFT(フリースロー)の1点だけ
かなり、新潟ブースターはストレスの掛かったQになったやろな^^;
俺やったら、たぶん、自チームにブーイングしてるかもしれん^^;
ものすごく8分が長く感じたやろね^^;

とにかく、大阪にとっては連敗せずに勝てたことが、すごく大きかったゲームやと思う。

3/5(日)
新潟アルビレックス 75-77 大阪エヴェッサ

大阪が新潟に連勝!!
新潟は、開幕して初めての連敗!!!!

前日の敗戦でこの日は負けられない新潟!
ココで一気にゲーム差を2に広げ、首位をしっかりキープしたい大阪の意地のぶつかり合いのようなゲームに感じた。

1Qは、互いに譲らずイーブン。

2Qは昨日の大阪へのお返しか、新潟が大阪を7点に抑え、一気にゲームの主導権を握った

3Qに入り、大阪がDFをゾーンに変更(公式サイトの詳細結果で確認)し、新潟の勢いを断った。
ただ、残り4分37秒に大阪#50ジェフ・ニュートン(ジェフ)が新潟#4長谷川誠へパーソナルファールを犯し、続けてテクニカルファールをとられた。
このあたりのコメントがないのでさっぱり状況がわからん(誰か詳しい状況を知ってる、またはブログ等の情報教えて~!最近忙しすぎて検索しきれない><)のやけど、これが大阪のリズムも狂わせた?
新潟を追い上げきれないままQ-End。

そして、15点差で、迎えた4Q
新潟のリズムが(速報を見てるだけでも)明らかに変わった。
開始から約5分間得点が取れず。
しかも、新潟はファールを重ね、#4長谷川がテクニカルを取られる。
そして、それらで得られたFTを大阪が確実に決めていく。

もしかしたら、本サイト(初心者の為のバスケ講座)から来てくれた人で、
FTなんて1点ずつやんけ!
なんて、思っている人もいるんかな?
それがそうでもないんよ。
何故か?
そういう人達がもしいたら。。。って思って、ちょっと俺なりの考えを書いとこっかな。
それは、FTの間は時計が止まってるから
これがバスケを楽しくさせている大きな要因なんよ!
サッカーも一応こういう時間はロスタイムとして45分以降に計上するけど、正直あれってかなりアバウトな感じが、俺はする。
もちろん、バスケの場合、1分間のうちに最低でも両チームが1回以上得点チャンス(24秒ルール)がある競技ってのも関わってくるねんけど、その分、正確に試合時間を経過させないといけないわけだ。
不公平を招くからな。
例えば、1点差で勝負を分けた試合があったとするやろ?
もし、その試合のタイマーがサッカーのように分単位でロスタイムをやったとすると、1分と2分では、攻める回数にかなりの差が出るのがわかるよね?
その回数だけ、負けたチームが逆転できたチャンスが増え、勝ったチームが負けてた可能性も増えるということやね。
(↑こういう理由もあって前回の大阪のホームでタイマーが止まっていたのはすごく重大なミスなわけ)
もちろん、勝った方が点差を広げた可能性も有るけどね^^
特に、1ゴール差(3点以内)の接戦しているゲーム終盤では、時間を動かさず、得点を重ね、失敗してももう1回攻めるチャンスがあるFTは、負けている側はもちろん、勝っている側も外せないんよ!
なので、相手のFTにブーイングしたくなるわけやね^^

ってとこで、本題に戻らせてもらって^^;
そんなこんなで、大阪が猛追をして、とうとう同点でQ-End!
OT(オーバータイム)に突入や!

こういう時に、必ず思い出す言葉がある。

anzaikantoku
あきらめたら、そこが試合終了だよ

安西先生!
その通りっすーー!!!
と、まぁSDネタを入れてみたりして^^;

OTに入ると、互いに疲労のピークが来たのか、シュートを両チームが外しまくる。
残り3分を切った辺りからは、新潟は3Pばかりをうち、総外し。
なんとか、大阪が守りきり勝利!

っちゅうわけで、新潟ブースターのみなさん!
ごっつぁんした!!!


その他の試合も感想を書きたがったが、既に記事を書き始めて2時間^^;
今回は大阪戦のみということで^^;
けど、ホンマ大分の復活で3~5位争いがオモロなってきたwww

これから益々bjに夢中!
関連記事
スポンサーサイト
* テーマ:bjリーグ - ジャンル:スポーツ *
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト現在順位(2006.03.06)のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

pg-k

Author:pg-k
『初心者の為のバスケット講座』管理人です
大阪在住
S47年生まれ♂

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター

ブロとも申請フォーム
CopyRight 2006 pg-kのbjリーグ観戦記 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。