ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第27回FIBA ASIA男子バスケットボール選手権大会(2013)終了・・・これから日本のバスケは何を目指す? 
2013.08.12.Mon / 18:32 
2014FIBAワールドカップ アジア地区予選を兼ねた今大会。
JBA 大会HP

結果は9位。
ベスト8でも遠い。。。

今回、タイミングがよく、フジテレビNEXT(CS放送)を観れる環境になって、日本の最後の4試合をビデオで観ることが出来た。

そこでの印象は、DFは◎
ヘルプといい、ローテーションといい、すごく良い感じw
こんなチームDFを小中高校生には、お手本にしてもらいたいくらい^^

ただし、RBD以外。。。

特にDFRBDは、酷かったな。。。

解説の小野さんも言ってたけど、シュートの軌道を追ってしまって、スクリーンアウトを疎かにしてるっていう^^;

うちの子供のミニバスの子に言ってるのと全く同じ(笑)

けど、さらに困ったのが、OF。
特に2P%の低さ・・・。

シュートは、水物とはいうものの、困ったもんですなぁ^^;


それはそうと、この結果で世界バスケから名称変更したバスケワールドカップへの出場権を手にすることが今回も出来なかったわけですな。


ん~。
やっぱり、若年層の強化・指導プログラムに一貫性を持たすことが必要な気がするなぁ。。。

身長的に決して有利とはいえない日本。

今は、2mを超える選手が幾人か代表入りするようになってきたけど、それこそほんの一部。

大多数のJBL(NBL)やbjリーグの日本人選手は190cmに満たないわけやから。。。

居てくれると心強いけど、居ない世代も充分ありえる話。

そう思うと、小学生や中学生で、Cってポジションは作らない方が良いとやっぱり思う。
だって、日本で大きくても、世界じゃその身長でGってこともよくあるんやから。

そこで、日本バスケが目指すのは・・・

総オールラウンドプレーヤー化!!

ではないかな?

トランジションバスケをするためにも、外のシュートを活かすためにも、走れて、外だけでなく中にも攻めれる、中だけでなく外でも攻めれる。
そんなプレーヤーを育て、集めなければ、世界はいつまで経っても遠い存在。

いつか、竹内ツインズクラスの選手が10人集まることがあったとしても、それは単発の世代としか思えない。
もっとも、そんな世代が生まれたら、日本代表はアジアでも世界でも勝ち進み、日本のバスケ人気が沸騰し、裾野がこれまでになく広がって、全体がレベルアップも出来るだろうけど。。。

けど、そんなの夢物語やしね(笑)

現状でやれることをやらなきゃ!!

って思っております!

(大会とはあまり関係ないオレの考えを少しだけ、下に追記しています)


≪追記≫
今回の大会を観て、普段から考えていることを再確認したんで思ったことを書き残しておきます。
まぁ、独りよがりの愚痴です(笑)


・日本のCが世界に通用しないことについて

 日本の代表に入るCってのは、国内では、ほとんどの場合、一番大きい選手。
 ゆえに、自分より大きい選手との対戦経験が乏しくなる。
 世界では通用しないのは、そこに尽きると思う。

 だからこそ、日本代表にCはいらないと思うわけです。


・若年層の強化・指導プログラムについて

 先日、地域のミニバスケの審判講習会に初めて参加させてもらった。
 ルールなんかは、知ってることを前提として、審判の位置取りなんかを教えていただいた。
 タメになる講習会でした。
 せっかくの機会なので、以前から気になっていたドリブルの付き出しのトラベリングについて、どの程度黙認するか聞いてみた。
 ちなみにオレの見ている地域では、ルールを厳密に適用すれば、ものすごくトラベリングが多いので、全部吹くと試合が進まないのでは?と思えるほどなんです。
 けど、国際大会やNBAなんか見てると、同じような突き出しでも吹かないことのほうが多い。
 今回の放送では、解説の小野さんが、国際ルールは突き出しのトラベリングが厳しいと言ってたけど、俺はそれほどとは感じなかった。
 確かにNBAほど緩くはなかったけど、ルールからすれば、ルーズと思えた。
 もちろん、審判も人間やから見逃しってのもあるやろうけどね。

 けど、だからこそ、トラベリングに限らず、ブロッキングとチャージングの境などの、そういった国際基準の笛を小学生、中学生、高校生の基準にすることが必要なんやと思ってる。

 しかしながら、今回の審判講習会でオレの質問に答えてくださった方の答えは、「違和感があったら吹いて下さい」という曖昧なもの。
 確かに、バスケ界の中でも、末端の末端での話ではあるし、ボランティアで運営されている状況なので、そこまで要求するもの無理な気もしてるけどね。

 バスケ協会のお偉方が、そういう末端に向かって、体罰問題の時のように、必死に情報を発信しないとバスケ全体のレベルアップは、出来ないんやないかな・・・と感じたって話です^^;

 まあ、小学生のうちは、それほど細かくルールに縛らなくても良いってのも、自分の中にありますが、小学生のうちに、しっかり基本やルールを教えてあげたいって気もあり、自分の中でも揺れています^^;



≪さらに追記≫

改めて、自分が書いた文を読むと、すんごい上から目線ですな(笑)

現実の俺は、
選手としては平々凡々で、それこそ下手の横好きやし、
審判やらせば、ミスジャッジやジェスチャーすらも間違うヘナチョコやし、
コーチとしてベンチに入れば、流れを読めない采配をしまくるボケコーチやなのに^^;

ま、それは出来る人に、やってもらうってのが、俺のスタンスなんでw

実績が伴わなくても、考えることは出来るし、考えたことが間違っていないと思ってるから発言するわけなんですが^^;

その辺は、ご容赦のほどをm(__)m
関連記事
スポンサーサイト
* テーマ:バスケットボール(日本) - ジャンル:スポーツ *
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト第27回FIBA ASIA男子バスケットボール選手権大会(2013)終了・・・これから日本のバスケは何を目指す?のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

pg-k

Author:pg-k
『初心者の為のバスケット講座』管理人です
大阪在住
S47年生まれ♂

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター

ブロとも申請フォーム
CopyRight 2006 pg-kのbjリーグ観戦記 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。