ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【第15回】バスケは競り合いが醍醐味だけども・・・ 
2006.08.15.Tue / 12:14 
2006/07/17up

タイトル通り、バスケは点の取り合い、競り合いがホンマ面白い。
特に第4Qの1点差のゲームはすんごい白熱する。

けど、そんなゲームは中盤からもビハインドを負っているチームが離されすぎずに喰らいついているから実現出来るわけ。
では、これ以上離されたらもう追いつけね~~っていう点差ってどのくらいだろうか?

よく言われる目安、セーフティー・リードと呼ばれる点差は20点
それ以上離されると、いくら前半でも逆転するにはかなりキツイ^^;
その1段階手前の目安は10点差
一桁の点差と二桁の点差では、追う側の戦略が時間帯にもよるが、制限されやすい。
という、微妙な点差なのだ、10点と言うのはw

もう一つ目安になるものもある。
これは、何事もなくその2チームの攻守のバランスが崩れなかったらという程度のものだが、残分×2点ってのもある。
例えば、残分が4分あれば、8点差あると同じようなペースで進むとそのままゲーム終了となることが多い。
それで、逆転すれば、波乱と言って良いんではないかな^^

しかし、しかし。
例えセーフティーリードを奪われたとしても逆転の可能性がまったくの0と言う訳では無い。
事実、2006年3月5日の新潟vs大阪戦で最大21点差を大阪がひっくり返して勝利した試合もあるしねw
こういうのは、大波乱なわけ!
そういう試合を見れたら、はっきり言って儲け物やねw

2006-2007シーズンはそういう事あるかどうか。
楽しみやねw
関連記事
スポンサーサイト
* テーマ:bjリーグ - ジャンル:スポーツ *
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト【第15回】バスケは競り合いが醍醐味だけども・・・のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

pg-k

Author:pg-k
『初心者の為のバスケット講座』管理人です
大阪在住
S47年生まれ♂

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター

ブロとも申請フォーム
CopyRight 2006 pg-kのbjリーグ観戦記 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。